×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

栃木県道62号(今市氏家線)
その2[不通区間西側]


旧今市市から塩谷町に入るところで鬼怒川を渡る。
「小林橋」というそうだが、中流なのに結構長い。

 この不通区間辺りのことはブログの道路資料漁り書庫の栃木県編(ココココココ)で軽〜く紹介してる。

 


ドン突きはT字路。県道は右だが、県道マークはない。
青看にある規制は、迂回路にある水路をくぐるところが狭いためだ。
矢板土木事務所管内図によると、橋を渡ったところから通行不能区間になるようだ。

 


右に曲がると1.5車線ほどになり、よりローカルさが増す。

 


すぐに舗装路は左に寄せられていくような感じとなる。
何か変な感じだが、真っ直ぐは県道の予定地なのだった。

 


蔦に絡まれて見えなくなっていたが、予定地であるという旨の看板。

 


その看板の先、予定地が続いている。

 


予定地だが、何でか柵が造られている所もある。

 


緩くカーブしている道路予定地。
歩きやすそうな草地に見えるが、そうではない。

 


迂回路から見えた、予定地上の看板。

この通行不能区間、急峻な地形でもないし、予定地もしっかりあるんだから
造れそうだけど・・・いつか、この道路を走れる日が来るんだろうか。

 

終了

return