×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

滋賀県道130号線(岩室神線)


-その2-
地図リンク

2015/08/走破(終点→起点)

その2(後編)は終点の神地区から不通区間までを紹介

 

ここは甲賀市甲賀町神。滋賀県道129号(南土山甲賀線)から当該県道が分岐するトコロ。ご覧のように案内は一切無い。当該県道はココが終点。

 

終点付近は普通の2車線道路。

 

山というか丘陵の前で左にカーブ。

 

ちょっと進むと丁字路。案内は無いけど右折。ガードレールにはヘキサのシール?が貼lっ付けてある。

 

右折した先は一段狭くなってきた。

 

小さい峠を越えていく。

 

何かの碑の横を通過。

 

橋の手前でガードレールヘキサがまたあった。普通のを立ててくれてもいいのに。

 

坂を下ると谷間は一面田畑。人家は全く見えん。大橋川を庄治田橋で渡る。

 

舗装の状態が良くなる手前で未舗装路が分岐。県道はその未舗装の方。あのイイ舗装は市道で、若干未成臭もする幅広道路。未成でなくちゃんと繋がってる道路だが。

 

未舗装路を進んでいくとさらに分岐。県道方向は左。

 

あぜ道を谷が狭まるまで行く。

 

車道は潰えた。2輪以下ならまだ進めるけど、行ってもしゃぁないし。あの低い山の向こうには新名神が通ってるんやろな。

 

未舗装になった時点で県道としては管理されてないんだろう。こちら側はあんまり面白くない、というか普通の不通区間入口であった。

 

 

終了

return