川崎・横浜・鎌倉市内

 もうほとんどが市街地みたいになっているのだが、三浦半島付根部分なんかは起伏の多い地形となっていて、トンネルも多い。鎌倉なんてもう・・・。

<3>

更新したものにはがついています

※川崎市川崎区にJFE海底トンネルがあるが一般車は通れない

新百合山手トンネル

川崎市道

川崎市麻生区万福寺

?年 L=?m

 新百合ヶ丘駅近くに出来たトンネル。県別マップルでは完全無視されているので、トンネルが出来てるのを知らなかった。

位置
白鴨トンネル

横浜市道

横浜市緑区白山

平成22年1月 L=255m

鴨居駅周辺に開通した、都計道山下長津田線のトンネル。菅田方面にはまだ延びていないため、開通の効果は微妙なところ。

位置
天飛トンネル

川崎市道

川崎市川崎区小田〜渡田新町

1993年3月 L=?m

 JR南武線支線をくぐるトンネル。支線ではあるが貨物列車が通るルートであるからなのが立体化の理由か?

位置
海蔵寺横のトンネル

私道

鎌倉市扇ヶ谷

?年 L=?m

 鎌倉市北部のどん詰まりにある、岩をくり貫いたようなトンネル。私道なので通るなという看板が設置してあるので、通り抜けはしていない。

位置
海蔵寺南のトンネル

私道

鎌倉市扇ヶ谷

?年 L=?m

 私道の先にあり、通るなの看板があるが、海蔵寺内を経由して来れる。トンネル先には、何かの井戸?があるようだ。

位置
銭洗弁天のトンネル

私道

鎌倉市佐助

?年 L=?m

 銭洗弁天の入口にある素掘りトンネル。入ってすぐの側壁に、掘るのに金を出した人の名前が描いてある。

位置
迎陽隧道

横浜市道

横浜市港南区野庭町〜日野南

昭和53年6月改修 L=42m

 港南区南部の田園を走っているとふいに現れる短いトンネル。銘版こそ昭和53年だが、近くに迎陽隧道についての看板があり、それによると開通は「大正4年秋」ということだ。結構古い。

位置
坂本隧道

横浜市道

横浜市戸塚区上矢部町

昭和60年2月 L=28m

 市道が東海道(国道1号)をくぐるところにある。横にはJR東海道線がある。

位置
矢部トンネル

横浜市道

横浜市戸塚区矢部町

平成6年3月 L=49.2m

 横浜新道をくぐるトンネル。山岳トンネルっぽく、円形である。歩道トンネルが別にあるのだが、そちらには扁額などが無かったのでトンネルと判断しなかった。

位置